展開図

紙 樹脂 アクリル板
2010
東京藝術大学美術館, 茨城

平面ががり立体となり、人型に組みあがるプロセスを中断させ固定した。
平面の展開図が現実の物質を用いて組みあげられる様は、虚構が具現化する様相にみえる。
その途中段階を樹脂で固定することで、どちらの世界にも存在できない像を作った。