シンボル

紙 映像 ワイヤー
2010
東京藝術大学美術館, 茨城

ニュースで報じられる遠く離れた地でおきた事件の像は、数秒の間だけ映し出される。
一瞬の間に表示される画像に共感を呼び覚ます時間は与えられない。
簡略化される際に抜け落ちる様々な要素を回復することの難しさは存在する。