アンダーコンストラクション

木 塗料 ひも
2010
東京藝術大学美術館, 茨城



英雄像は人々の憧れの対象となり、現実の身体の脆さを忘れさせた。
時代が移り変わるごとに生じる「不安」にみあう巨像/虚像が描かれる。
アニメやゲーム空間で思い描く登場人物の万能さに魅了され、空想にひたる。
重力・気温・酸化、現実には完全無欠さを失わせる要因が満ちている。
虚構世界で描かれるロボットを現実に引出し、巨像/虚像に不完全さを背負わせる。